企業内託児所魅力

企業側のメリット・デメリット

企業側にとってのデメリットとしては、専用の保育施設を設立するために準備や運営のコストがかかります。
しかしメリットが非常に多く、優秀な人材の確保や、従業員が働きやすいと感じることで社内の風土も向上していきます。
また、中途採用などで採用する際も、イメージアップや、インパクトを十分にあたえることができ、人材確保の為に必要な投資だと思います。
結果、従業員が働きやすい環境を提供することは、従業員がずっと働いていれる会社となります。
実際、有名企業では働きやすい環境を作るということで託児施設を開園している企業が多く、社員の定着率があがっているそうです。
まだまだ、多くない企業内託児所ですが、それぞれの企業のスタンスや、従業員のライフスタイルに合わせて活用できるように少しづつ増えていってほしいですね。

保護者のメリット・デメリット

仕事をしていても子供が近くにいる安心感は大きいです。
年齢が小さい子ほど、急な発熱など多いですよね。
熱が出るたびにお迎えや、回復期だけど保育園ではみてもらえないなど、とても大変です。
でも、企業内であれば休憩時間に様子を見ることもできるので安心して仕事ができます。
例え、急な残業や休日出勤があったとしても企業内託児所であれば、それぞれの企業にあわせて保育体制になっているので融通がききます。
また、送り迎えの時間短縮にもなりますね。

けど、まだまだ都心に多い企業内託児所。
朝の、出勤時に小さい子供を連れての出勤は大変という声もあるようです。
他に、自分が病気をした時に、子供を預ける為だけに会社に行くのは負担に思う方もいるようです。
企業内託児所は、園庭がない事がまだ多いようで、保護者としては外で元気に遊具で遊んだり走ったりしてほしいと願ってもできないかもしれません。


この記事をシェアする